定期契約のメリット

定期借家契約なら契約期間満了で必ず明け渡しになる

リロケーションとは、転勤に伴い一時的に空室となる家を賃貸することです。なんだ普通に賃貸契約じゃないかと思うかもしれませんが、少し違います。確かに一昔前までは、分譲マンションを購入後に転勤する場合、普通借家契約しかありませんでした。借主が見つかれば家賃収入を得ることができますが、自分が戻ってきたときに、明け渡しに応じてくれるかどうかわかりません。少なくとも半年前までに通知しないといけませんし、場合によっては引っ越し費用などを請求される必要があります。しかしリロケーションであれば、定期借家契約なので契約期間がくれば明け渡さなくてはなりません。双方が合意しないかぎりは再契約はありません。これなら、安心して貸し出すことができるでしょう。

リロケーション物件は専門業者に管理を任せる方がいい

リロケーションは貸主にとって、非常に貸しやすいものではないでしょうか。問題は入居管理です。入居者の募集から家賃を毎月チェックしたり何かトラブルがあっても自分で対応しなくてはなりません。不動産関係に詳しい方以外は、赴任先からマンション管理は、大変ではないでしょうか。そんな場合にはリロケーションを扱う不動産業者に依頼してみてはいかがでしょうか。リロケーション業者との関係には、仲介だけしてもらうものの他、業者がリロケーション物件の管理一切を行ってくれるものもあります。当然管理費用は毎月必要ですが、面倒な家賃回収をすることもなく、毎月業者からお金が振り込まれます。マンションのオーナーは業者と賃貸借契約を結ぶことになりますので、入居者とやりとりする必要がありません。