Real Estate Rental

魅力的な契約

マンション投資は失敗がつきものです。しっかりとリスクマネジメントを行なうことが重要になってきます。失敗リスクを予め把握しましょう。

せっかく手に入れたマイホームなのに、転勤になってしまった場合

毎年4月や9月前後は、大手企業の異動があり引っ越しシーズンでもあります。転勤族などと言う言葉もあるように数年おきに転勤で住まいを変わる世帯も少なくありません。ようやく購入したマンションに数年しか住まないうちに転勤、と言ったこともあります。そのような場合、そのマンションはどうするのが、お得でしょうか。売却することも考えられますが、市場価格が下がっている場合はローンが残りますし、いつか戻ってきたときに住む家がありません。かと言って空家のままにしておくと傷みます。賃貸に出す方がいいとは、わかっていても借主を探すのも、家賃管理なども面倒です。さらに、自分が戻ってきたときに明け渡してもらおうにも、時間がかかるでしょう。普通借家契約では、貸主からの退去の申し出は1年から6か月前までにおこなわないといけません。辞令がそんなに前からでることはないでしょう。

貸す側も借りる側にもメリットがあります

しかし同じ賃貸契約にしても、定期借家契約にすると話は変わってきます。これは賃貸でありながら、あらかじめ期限を設けて貸すことです。期限が来れば双方の合意がない限り、明け渡さなくてはなりません。これなら、自分が又戻ってきたときには、すぐに住むことができます。問題は家賃や入居者管理の面倒さでしょうか。そういった煩雑なことを全て任せることができるのが、リロケーションシステムです。リロケーションとは前述のような、転勤に伴う一時的な空室物件を期間を決めて賃貸借契約することです。もちろん定期借家契約の方です。これに伴う業務一切を扱う専門業者もいます。借りる側にとっても、ハイグレードの分譲マンションを借りることができますし、契約の更新さえすればいつまでも住める普通借家契約と違って、リロケーションは期間が決まっている分、家賃が相場よりも安い場合が多く、お得物件だと言えます。リロケーション物件は契約更新がないため、更新料もかかりません。一棟まるごとリロケーションという物件もあるようです。

NEWS

住宅料金の把握

賃貸住宅で暮らしている人は多いのですが、物件を購入する時はたくさんの予算を考えなければいけないのに対して賃貸住宅であればまとまった現金が無くても契約をすることができるので安心です。

more

New Posts

定期契約のメリット

リロケーションと呼ばれている定期借家契約は期限が切れたら入居者は物件から出なくてはならず、双方が合意しなければ再契約をすることができませんので貸す側も安心です。

more

住宅の購入者が多い

住宅の値段は少しづつ下落を続けており新築住宅の増加によって競争が激しくなり、以前に比べて敷居が低くなっています。売却に失敗した時でもダメージを最小限に抑えることができるメリットがあります。

more